【バスケ ディフェンス】オフボールの守り方の基本 オフボールはポジショニングが全て!

ステップアップしていく人の図

バスケのディフェンス(オフ・ザ・ボール編)

 

本記事では、バスケにおけるディフェンスの技術、その中でもボールを持っていない状態のオフェンスを苦しめる基礎技術について解説していきたいと思います。

「ボールを持っていない相手にディフェンス…?そんなの全然怖くないじゃん!ボールを持たれてからバシッと止めればいいんだよ。だって、前回の記事でボールを持ったオフェンスに対しての守り方は確り学んで出来るように練習もしたから!」

前回の記事はこちら↓

【バスケ ディフェンス】1対1が上手くなる ボールマンディフェンスの基本

 

こういう声が聞こえてきそうです。果たして本当でしょうか…?


 

どうですか?これに限らず、実際のNBAを見て頂ければ分かると思いますが、バスケットではボールをどうやって貰うか、でオフェンスの8割は決まるといっても過言ではありません。出来る限りゴールの近くで、そして出来る限りディフェンスから遠くの場所でオフェンスはボールを貰おうとします。

ただでさえ後手になりやすいディフェンスが、ボールを持たれた時点でオフェンスが有利な状況だったら止められると思いますか?

 

また、ディフェンスと聞くと、「つらい・きつい・つまらない」、そう思っている人はいませんか?やっぱりバスケと言ったら花形はダンクシュートだし、上手くなりたくて憧れるプロ選手は得点の取れるエースの選手が多いし、YouTubeで見るのは得点シーンのハイライトだし、華麗なシュートだったり、オシャレなアシストをしたいと思うのが一般的かもしれません。

 

ただし。ここではっきり言いましょう。努力すればある程度シュートは入るようになります。努力すればある程度ドリブルも上手くなります。ただし、最後の勝負を決する時、オフェンスに関しては才能の有無が実際に影響します。感覚が左右する面が少なからずあります。

 

努力が無駄とは言いません。自分を信じ抜くことも勿論大切です。ここで私が言いたいことは一点だけです。ディフェンスは努力すれば誰でも上手くなれる、という一点のみです。意識だけで変えることができます。運動能力に差があっても、頭を使えば守れるようになれます。何故なら、ディフェンスは技能よりも知能と精神力で戦える要素がとても多いからです。



ディフェンスをする目的

※ボールマンディフェンスの記事で書いてあることと全く同じですので、もう知っているよ!という方は読み飛ばしてください

 

そもそもそんな「つらくて、きつくて、つまらない」ディフェンスは何の為にしているの?

次の3点がディフェンスの目的です。

  1. 相手に得点を与えないため
  2. 相手からボールを奪い、より多くオフェンスをするため
  3. リズムよくオフェンスに繋げて、シンプルで簡単なオフェンスをするため

 

上記の理由

  1. 直観的に分かると思います。バスケットボールでは相手より多くの得点を取ったチームが勝ちます。つまり、裏を返せば失点が相手より少なければ勝つことが出来るスポーツです。
  2. また、失点を少なくし、得点を多くするためには、オフェンスの確率を上げることが効率は良いですが、低い成功確率でも、オフェンスの回数を増やすことが出来れば得点を多く取れる可能性は高くなります。すなわち、それが2の理由です。
  3. それらが出来るようになったら3の視点も盛り込んでいきましょう。簡単に言えば、「ディフェンスでボールを奪ったら、速攻(ファストブレイクとも言います)を狙おう!」ということです。一番簡単なのはオフェンスの選手が持っているボールを自分で奪い、そのままドリブルを突いてレイアップに持って行ってしまうことです。しかしそれはなかなか難しく、相手もディフェンスに取られないように攻めて来るからです。

 

ディフェンスの3つの目的に関してお話ししましたが、その目的を果たす為に一番重要なことはやはり個人のディフェンスになります。

すべての基礎は一人一人のマンツーマンディフェンスの徹底にあります。究極を言えば、一人が一人を守り切ることができるのであれば、チームディフェンスも戦術も全く必要ありません。1ゲームを通して相手を0点に抑えることは不可能に近いですが、近づくことは可能です!

そう聞くと「つらい・きつい・つまらない」と思っていたディフェンスも悪くないかも…。

頑張ることも悪くない…。そんな感じでワクワクしてきませんか?

 

それでは一つずつマスターして、個人スキルを伸ばしていきましょう!

 

ディフェンスの状況による守り方の違い

ディフェンスをする場合、大きく二つの状況に分けることができると考えます。それは「ボールを持っているか否か」ということです。

  • ボールがある場合(ボールマンディフェンス)
  • ボールが無い場合(ディナイ・ヘッジ・ヘルプディフェンス)

 

全てのディフェンスに共通するスタンス

「Heel to Tow(ヒール・トゥ・トウ)」

バスケット基本的にディフェンスは身体を安定させる為に前述のパワーポジションよりも更に両足を開き、どちらか片方の脚を少しだけ前に出します。このスタンスによって、オフェンスと多少のコンタクトがあった際に前後左右に押されても身体をブラさずに重心を落としたままディフェンスを継続出来る為です。

また、両脚は素早く反応して動ける最大の幅まで可能な限り広くスタンスを取りたいです。それは、オフェンスがドライブをしたとしても自分の足の外側しか抜けない為、オフェンスを膨らませることができるからです。

また、その際に前に出している足の踵と後ろ足のつま先が相手オフェンスに対して垂直になるようにします。コートのライン上で実際スタンスを取って確認することが最も早いのですが、ライン上に合わせて立った際に、前足の踵と後ろ足のつま先が同じライン上にある、ということを意味します。このことを「Heel to Tow」(つま先が踵と同じライン)と呼びます。

 

本記事では②ボールが無い場合のディフェンスについて紹介すると申し上げました。しかし、ボールが無い状況と一言で言っても、その状況は無限にあります。実際の試合でもありますが、例えばボールを持っている人の逆サイドでじっと待っている人がいたとします。一般的にこういうタイプはシューターが多いです。

 

「距離を離すとシュートを打たれてしまうからボールを持たせたくない」、「私のマークマンだから」という気持ちも分かりますが、それらの理由で果たしてボールを持っていないその選手にべったりとディフェンスをしてしまって良いでしょうか…?

その瞬間に逆サイドで味方が抜かれてしまったら誰一人としてそのオフェンスを止めることが出来なくなってしまいます。もうお気づきの方もいらっしゃると思いますが、基本的にディフェンスはチームで行うものなのです。その為、各ディフェンスはどんな場面でも味方を助けられるように心の準備をしておく必要があります。

 

上記の点を踏まえて、オフ・ザ・ボール(ボールを保持していない)の状況のディフェンスを大きく3つの場合に分けてご説明します。

ディフェンスはポジショニング(ポジション取り)で8割決まる!

この言葉を頭に入れて読み進めてください。いつかきっと役に立ちます。

さぁ準備は宜しいですか?



 

ディナイディフェンス

目的

ディナイディフェンスの目的とはなんでしょうか?それは以下の3点です。

  • オフェンスにボールを持たせないこと
  • オフェンスにゴールから遠い位置でボールを持たせること
  • ボールを持たれた場合にすぐに1アーム(腕1本分)の間合いでボールマンディフェンスに移行できること

 

勘違いされやすいですが、目的はボールをカットすることではありません。あくまでもボールを持たせないということが目的で、相手のパサーが我慢できずにミスしたパスをカットする、くらいの認識が良いです。

勿論、上級者になれば、わざと間隔を少し離しておいてパスを出させてカットを狙うということもあります。しかし、万が一カットできなかった場合、重心がオフェンス側に倒れてしまい、ボールを持たれた瞬間にカウンタードライブをされる、というリスクを抱えています。その為、まずはオフェンスを苦しめることに全力を注ぎましょう!

 

やられてはダメなこと

さて、ディナイディフェンスで絶対にされてはいけないことはなんでしょうか?それは以下の2点です。

  • バックカットをされること
  • ミドルレーン側にミートをされてボールを持たれること

バックカットは直観的に分かると思います。ディナイを頑張って、頑張って、頑張って…24秒が残りあとわずかの時にバックカットをされてレイアップ、なんてシーンは選手だけでなく指導者も悔しいものです。せっかく頑張ったのに…と意気消沈してしまうこともあります。前述のディナイディフェンスの目的にも反してしまいます。

 

ミドルレーン側はどうしてダメなのでしょうか。ミドル側でボールを持たれてしまうとオフェンスが攻めることのできるエリアが広がります。その為、後述するヘルプディフェンスは左右どちらにヘルプに行けばよいのか判断が難しくなります。(以下図参照)

しかし、サイドライン側に追い込むように貰わせると攻めるエリアは限定されます。ヘルプディフェンスもどこにヘルプをすればよいのかが予測しやすくなります。(下図参照)

 

勿論考え方はその他にも沢山ありますが、今回は基本、という点で上記の2点をお伝えしました。ディナイディフェンスはオフェンスに楽な状態でボールを持たせない為に行われます。

また、オフェンスにボールを持たれた時にはディフェンスの立ち位置、つまりポジショニングでオフェンスの攻撃の選択肢を能動的に減らしていきます。

オフェンスの立場に立って考えて、どんなディフェンスが嫌なのかを考えると良いでしょう!



基本姿勢

まず、ボールを持っているオフェンスに対して背中を向けた状態で、上記で説明した「Heel to Tow」の姿勢を作ります。首をボールマン側に少し向け、間接視野で自分のマークマンを捉えられる位置です。

あくまでも目安ではありますが、マークしているオフェンスの顔が自分の顔の真横に位置する場所が良いでしょう。

 

そして、前足側の手の平をボールマン側(ディフェンス自身の身体の後ろ側)に向け、そのまま自分の肩の水平の位置まで上げます。

具体的に説明すると、守るゴールを背にして右側のサイドにいる相手をマークする場合は左足を一歩前に出し、同じく左手を肩と水平になるように上げるということです。

 

上げた手は親指がコートに向くよう(下向き)に大きく開きましょう。これはオフェンスがパスを出しづらくなる為です。ボールを貰おうとする自分のマークマンもその手を嫌がります。また、自分のマークするオフェンスとボールを持っているオフェンスを直線で結んだ線上に位置するようにポジション取りをします。

逆側の手は自分の身体の方向に手の平を向け胸のあたりを軽く抑える形を取ります。これはオフェンスがゴールカット(バックカット)を狙って動いて来た際に自分の身体を守りながらバンプをしてスピードを殺す為です。自分の身は自分で守りましょう。

 

最後に、ゴール側にある脚に体重を乗せます。その為上半身は手を挙げている側の肩が若干上に傾く姿勢となります。

 

ステップの種類

基本的にスライドステップのみを用います。スライドステップとは身体の横方向へ足を交差せずに移動するステップのことです。スライドステップのメリットはなんでしょうか?最大のメリットは重心を変えずに素早く移動することができる点です。出来るようになるまでは徹底して意識しましょう。

 

なぜクロスステップはダメなの?

クロスステップをしてしまうとその瞬間に逆を突かれてしまい、ディナイディフェンスで一番やられてはいけないバックカットをされ、スピードに乗った状態且つフリーの状態でマークマンにボールを持たれてしまうからです。

 

手の使い方

前述したように、上げた手はパスコースを遮るように大きく出しましょう。地味な技術ですが、オフェンスは少しでもディフェンスがいると感じるとなるべく離れてボールを貰いたいと思うものです。それはパスの出し手も一緒です。出し手が恐れるのはターンオーバーなのですから。

 

また、「逆側の手は内側に」という約束ですが、これはファールを防ぐ効果もあります。手の平が相手に向いてしまうと、審判は「掴んでいる」と判断してしまいがちだからです。不要なファールを取られないように徹底しましょう!

 

ここがPOINT!

 

  • ボールマンに背中を向けること

ボールマンディフェンスと同じようにオフェンスとゴールを結んだ線上に位置する必要はないです。これは何故なのか理由は分かりますか?

正解はディフェンスが自分の身体の幅いっぱいを使うことができるからです。ディナイディフェンスの目的は前述したとおり、

  • オフェンスにボールを持たせないため
  • オフェンスにゴールから遠い位置でボールを持たせるため
  • ボールを持たれた場合にすぐに1アーム(腕1本分)の間合いでボールマンディフェンスに移行できるため

の3点でしたね。

ゴールに背を向けた状態でディナイをするとディフェンスの守れる領域は下の図のように表すことが出来ます。

 

しかし、下の図のようにボールマンに背中を見せるようにディナイスタンスを取るとどうでしょうか。身体の幅をいっぱいに使うことが出来るので、その分マークマンのオフェンスはボールを貰う為に長い距離を移動する必要があり、2番目の目的を果たすことができます!

 

ここでもポジショニングが重要な役割を果たすことがわかりますか?

ポジションを意識するのとしないのとでは守れる領域が全く変わってきます。また、それと同時により少ないエネルギーで効率よく守ることが可能になるのです!

  • 重心は後方の足にかけること

バックカットはディナイでされてはいけないことの一つです。常にバックカットをされないように気を配るとともに、万が一されてもすぐに追いつけるように重心を後ろにかけておきましょう

  • 自分の身体でなく、上げた手がボールマンからマークマンへのパスコースを塞ぐようにポジションを取る

 

オフェンスに抜き去られる状態とは「身体が真横に並んだ状態」を指します。その為身体がパスコースに入ってしまうと、すでに抜き去られた状態と全く同じになってしまいます。手だけでパスを出させないくらいのプレッシャーを与えましょう!

次はヘルプディフェンスを紹介します。どんなにボールを持たせる前のディナイを頑張っても、どんなにボールを持たれた後のボールマンディフェンスを頑張っても、抜かれる時は抜かれます。ディフェンスは基本的に後手に回ってしまうことがほぼ全てです。

そんな時でも失点を防ぐ必要があります。勿論チーム毎にディフェンスの約束事は異なりますが、ヘルプディフェンスは個人のスキルであると考えます。それは「正確なポジショニング」「素早い判断」ができるかどうかなのです。

ヘルプディフェンスはポジション取りが99%!

チームディフェンスの要素ではありますが、個人のスキルでもあります。どんなチームでプレーするとしても、ディフェンスをする際に必須な技術なので、確りと習得しましょう!



ヘルプディフェンス

目的
  • ボールを持ったオフェンスの視界に入り、ゴールへのアタックを牽制するため(そもそもドライブをさせない効果)
  • 逆サイドのオフェンスがドライブを仕掛けてきた際にペイントエリアへの侵入を防ぐため(ドライブの質を落とす効果)
  • 簡単なレイアップシュートを打たせないため(苦しいシュートを打たせる効果)

以上の3点が主な目的になります。

ドライブを「させない・弱める・苦しめる」イメージを持って行いましょう!

 


やられてはダメなこと
  • 自分のマークマンから目を離してしまい、フリーでボールを持たれてしまうこと
  • ドライブして来たオフェンスをスピードの乗った状態でペイントエリアに侵入させてしまうこと
基本姿勢

「Heel to Tow」の姿勢を取り、自分のマークマンとボールマンの両方を視界の隅で捉えるようにします。そして、片腕はボールマンを指差し、片腕は自分のマークマンを指すように大きく両腕を拡げます。

正確なポジショニングさえできていれば、この姿勢によってオフェンスは「あ、あのディフェンスは俺を見ているな?」と考えてくれるはずです。

また、ボールマン側の足を前に出すようにしましょう。その理由はなんだか分かりますか?答えは自分のマークマンがカットして来た際にバンプをしやすい為です。もし逆のスタンスを取ってヘルプを構えてしまうと、ディナイに移行する際に脚を入れ替える必要が出てきます。その一瞬の差が勝敗を分ける結果に繋がりますので、十分に注意しましょう!

ステップの種類

スタッターステップ(クローズアウトステップ)を用いて細かくポジションを取り直します。ドライブがいつ来るかはディフェンスが決めることではないので、常に動けるように準備しておくことが大切です。

ポジションの取り方

ドライブに対してヘルプに出る選手のポジションですが、自分のマークマンがどの位置にいるかによって異なります。簡単ではありますが、以下場合分けをしました。

 

  • ボールマンと逆サイドの45°よりもコーナー側のオフェンスについている場合

ノーチャージエリア内でゴールとゴールを結んだ線上にポジションを取ります。

このオフェンスがボールマンから一番距離がある選手になります。その為、ドライブに対して真っ先にヘルプに行かなければなりません。

  • ボールマンと逆サイドの45°付近のオフェンスについている場合

エルボー(フリースローライン)より少し下側にポジションを取ります。

  • インサイドのオフェンスについている場合

ペイントエリアでマークマンに1歩で行ける距離感を保ちながらポジショニングをします。インサイドのオフェンスは合わせの動きをしてくることが多いので、バンプを確り意識することが大切です。

 

ここがPOINT!

ヘルプポジションはポジショニングが全てです。ボールの位置と自分のマークマンの位置を常に確認し、細かくポジショニングの修正を行いましょう!

 

また、味方のヘルプに飛び出すタイミングは「少し速いかな?」くらいが丁度いいです。ペイントエリアに侵入させないということは、オフェンスがペイントエリアに入る2歩前くらいには動き出し始めないといけません。それはチームのディフェンスの中で味方と一緒に確認することが大切です。



 

最後にヘッジディフェンスを紹介します。もしかしたら聞いたことが無い方もいらっしゃるかもしれません。私が見てきたスペインのディフェンスではディナイではなく、このヘッジディフェンスを多用していました。小さい頃からポジションについて、徹底的に指導がされてきている選手達ですから、オフェンスにとっては絶妙な嫌な間合いでプレッシャーをかけられる光景がいくつも見られました。

しかし、ヘッジは諸刃の剣でもあり、ポジショニングをマスターしないと逆に危険なディフェンスとなります。

イメージとしては前述のディナイディフェンスと後述するヘルプディフェンスの中間に位置します。

一体ヘッジディフェンスとは何なのか…順を追って見ていきましょう!

 

ヘッジディフェンス

ボールマンと自分のマークマンの距離感がディナイをするには少し離れている場合、または、ボールマンがスピードがある選手やドライブが得意な選手の場合にも使います。

目的

ヘッジディフェンスは以下3点を目的として行います。

  • ボールマンのオフェンスの視界に入り、ゴールへのアタックを牽制するため(そもそもドライブをさせない効果)
  • ドライブして来た選手のボールを叩き、スティールを狙うため(ボールを奪う・コントロールを自由にさせない効果)
  • ドライブを仕掛けてきた際にスピードを落とさせるため(ドライブの質を落とす効果)

 

やられてはダメなこと

ダブルチームのような形となり、自分のマークマンにパスをされシュートを打たれること

 

基本姿勢

ヘルプ・ディフェンスと同じです。

ステップの種類

ヘルプ・ディフェンスと同じですが、こちらは常に「気を抜いたらボールを叩きに行くぞ!」とボールマンに思わせるようにフェイントをかけ続けるステップが必要となります。

手の使い方

ボールマンに近い方の手でボールをスナップするようにします。ボールマンがドリブルする手がヘッジディフェンスにとっては無防備の為、少しでも触れることが出来ればボールコントロールは難しくなるでしょう。

ポジションの取り方

ヘルプディフェンスとは異なり、一歩で自分のマークマンに戻れる距離を取ります。オフェンスも自分に近づいてくると分かったら、ドリブルを辞めてパスをしてくるでしょう。そのことを常に頭の中に入れて守ることが重要です!

縦に抜いてくることが上手い選手にパスを出させることが出来れば、それは作戦が成功したことを意味しますので、その後のディフェンスが大事になってきます。

そして、絶対にバックカットをされないようにマークマンを視界の片隅に置いておきましょう。

 

ここがPOINT!

  • 目線をちらちらボールマンに合わせること(見てるぞ、とアピール)
  • ドリブルを突いた瞬間にスナップで弾くこと
  • 自分のマークマンに一歩(一呼吸)で戻れる範囲を伸ばすこと

 

以上がオフザボールディフェンスの基本になります。

思った以上に学ぶべきポイントが多かったのではないでしょうか…?

それもそのはず、オフェンスは自由に動いてきますが、ディフェンスは吹かれるファールの種類も多いし、後手になりやすい為、あらゆる状況を想定して最も効率的に動き必要があるからです。

だからこそ、事前に準備しておく。ポジションを確認しておく。ポジションを常に修正する。

しかし、これらの基礎を身に付ければ並大抵のオフェンスは攻めづらいと感じ一歩目を躊躇するようになるでしょう。勿論地道なフットワークも必要です。経験がものをいうこともあるでしょう。

大事なことは「ディフェンスは誰でも上手くなれる」ということです。

地道な努力が大きな差となる、それがディフェンスです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です