【バスケ ディフェンス】1対1が上手くなる ボールマンディフェンスの基本

バスケのディフェンス(1対1ボールマン編)

 

本記事では、バスケにおけるディフェンスの技術、その中でもボールを持った状態の相手をビタッと止める基礎技術について解説していきたいと思います。

ディフェンスと聞くと、「つらい・きつい・つまらない」、そう思っている人はいませんか?やっぱりバスケと言ったら花形はダンクシュートだし、上手くなりたくて憧れるプロ選手は得点の取れるエースの選手が多いし、YouTubeで見るのは得点シーンのハイライトだし、華麗なシュートだったり、オシャレなアシストをしたいと思うのが一般的かもしれません。

ただし。ここではっきり言いましょう。努力すればある程度シュートは入るようになります。努力すればある程度ドリブルも上手くなります。ただし、最後の勝負を決する時、オフェンスに関しては才能の有無が実際に影響します。感覚が左右する面が少なからずあります。

努力が無駄とは言いません。自分を信じ抜くことも勿論大切です。ここで私が言いたいことは一点だけです。ディフェンスは努力すれば誰でも上手くなれる、という一点のみです。意識だけで変えることができます。運動能力に差があっても、頭を使えば守れるようになれます。何故なら、ディフェンスは技能よりも知能と精神力で戦える要素がとても多いからです。

 

ディフェンスをする目的

そもそもそんな「つらくて、きつくて、つまらない」ディフェンスは何の為にしているの?

次の3点がディフェンスの目的です。

  1. 相手に得点を与えないため
  2. 相手からボールを奪い、より多くオフェンスをするため
  3. リズムよくオフェンスに繋げて、シンプルで簡単なオフェンスをするため

 

すべての基礎は一人一人のマンツーマンディフェンスの徹底にあります。究極を言えば、一人が一人を守り切ることができるのであれば、チームディフェンスも戦術も全く必要ありません。1ゲームを通して相手を0点に抑えることは不可能に近いですが、近づくことは可能です!

そう聞くと「つらい・きつい・つまらない」と思っていたディフェンスも悪くないかも…。

頑張ることも悪くない…。そんな感じでワクワクしてきませんか?

 

それでは一つずつマスターして、個人スキルを伸ばしていきましょう!



ディフェンスの状況による守り方の違い

ディフェンスをする場合、大きく二つの状況に分けることができると考えます。それは「ボールを持っているか否か」ということです。

  • ボールがある場合(ボールマンディフェンス)
  • ボールが無い場合(ディナイ・ヘッジ・ヘルプディフェンス)

 

全てのディフェンスに共通するスタンス「ヒール・トゥ・トウ」

バスケット基本的にディフェンスは身体を安定させる為に前述のパワーポジションよりも更に両足を開き、どちらか片方の脚を少しだけ前に出します。このスタンスによって、オフェンスと多少のコンタクトがあった際に前後左右に押されても身体をブラさずに重心を落としたままディフェンスを継続出来る為です。

また、両脚は素早く反応して動ける最大の幅まで可能な限り広くスタンスを取りたいです。それは、オフェンスがドライブをしたとしても自分の足の外側しか抜けない為、オフェンスを膨らませることができるからです。

また、その際に前に出している足の踵と後ろ足のつま先が相手オフェンスに対して垂直になるようにします。コートのライン上で実際スタンスを取って確認することが最も早いのですが、ライン上に合わせて立った際に、前足の踵と後ろ足のつま先が同じライン上にある、ということを意味します。このことを「Heel to Tow」(つま先が踵と同じライン)と呼びます。

 

ボールマンに対するディフェンスに絞って解説をしていきたいと思います!

一つずつ確り理解して、ものにしていきましょう!

 

ボールマンディフェンス

基本姿勢

ボールを持っている相手と自分の守るゴールを直線で結んだ間に自身のみぞおちが来るようにポジション取りをします。

そして守るゴールを背にして右側のサイドにいる相手をマークする場合は左足を一歩前に出し、同じく左手を下手で前に出します。この手を「ボールハンド」と呼びます。名前通り、常にボールを叩けるようにボールを追いかけます。追いかけることを英語でトレースともいうので、「トレースハンド」とも呼びます。常にボールを叩ける位置、とはボールに触れられる距離感を意味します。それ以上近いとドライブをされた時に一気に間合いを0にされて、接触するとファールが鳴ってしまいます。また、それ以上遠くなるとスペースを与えてしまうことにつながり、オフェンスに自由にプレーをされる恐れが出てきます。

(補足)勿論例外もあります。スピードのとても速い選手に対しては1.5本分の距離でも良いです。相手のオフェンスの癖を考慮しましょう!

逆の手、この場合の右手は自分の顔の横に置きます。何故顔の横に置くかというと、目の前の相手にパスを出された際に反応出来ない箇所の一つだからです。その場所は全部で「頭の真上・顔の真横・両足の真横・股下」の6か所です。頭に入れておきましょう!



ステップの種類

基本的なステップには以下4種類が存在します。

  • ①スライドステップ
  • ②クロスステップ
  • ③スイングステップ
  • ④クローズアウトステップ
①スライドステップ

身体の横方向へ足を交差せずに移動するステップをスライドステップと呼びます。

ディフェンスの動きの大半はこのステップを用いて行います。

ここがPOINT!

重心を変えずに素早く移動することが最大のメリットです。重心が上下左右に動いてしまうとこのステップの意味が全く無くなってしまうので練習中から特に気を付けましょう!

②クロスステップ

スピードに乗っているオフェンスに対して対応する為のステップです。

前述のスライドステップではスピードが足りずに着いていけない時に用います。

走りながら顔だけをオフェンスに向けて並走するステップと考えて頂ければ良いです。

ボールマンディフェンスからヘルプディフェンス、ヘルプディフェンスからディナイディフェンスなど、ポジション移動を素早くする為にも使います。

ここがPOINT!

クロスステップの際にもオフェンスが進む方向を変えたら瞬時に対応しなければなりません。いつでも細かい脚運びで対応できるように準備しておきましょう!

 

③スイングステップ

オフェンスが方向を変えた時に、ディフェンスは後れを取らないように瞬時に対応しなければなりません。重心を変えずにスタンスをそのままに保ったまま身体の向きを素早く変える為に用いられます。

オフェンスの進んでいた方向の足(後ろ足)を軸にして、素早く逆の足を引きます。この際にもHeel to Towを崩さないようにしましょう。

ここがPOINT!

足を引く際に手の位置も変える必要があります。同じタイミングで腕を大きく振ることで身体全身の力を使うことが出来て素早い方向転換を行うことが可能になります。

 

④クローズアウトステップ

両足を細かく動かし、足を交互に踏み替える動きをクローズアウトステップ(スタッターステップ)と呼びます。ボールを持っているオフェンスに対してディフェンスが遅れて近づく時に用います。目的は、重心を低く、足を常に動かせる状態で、間合いを徐々に詰めることで、相手のドライブに素早く対応できるようにすることが目的です。

ここがPOINT!

少しコートの内側に弧を描くように膨らんでオフェンスに近づくことが大切です。ミドルレーン側(オフェンスを中心としてコートを縦に分割した時のオフェンスから見てゴール側)を抜かせないようにする為です。

重心は身体の後ろにかけましょう。オフェンスは慌てて出てくるディフェンスをじっと待っています。嫌な距離(間合い)をオフェンスに感じさせるように、どこまで全力で走ってじわじわと詰めていくのか研究しましょう!

 



手の使い方

相手の動きを身体で止めた後は必ずボールをスナップする仕草を見せましょう。手だけボールを狙っても勿論良いですが、出来ればスタンスを低く保ったまま、少し位置を変えてスナップをしましょう。その際にディフェンスのスタンスを崩したり、重心を移動させてはいけません。重心を移動させるとは、上半身だけでボールを取りに行ったり、無理にボールを取りに行ってオフェンス側に体重がかかることを指します。それらはカウンターで抜かれてしまう原因となります。

また、ミドルレーン側へのドライブには身体を入れて止めた後、手を外側に向けた状態で内側から外側に弾くようにスナップしましょう。高度な技術ですが、覚えているときっと役に立ちます。

ここがPOINT!

オフェンスに抜かれてしまう最大の要因は「距離感」と「不用意なステップ」です。抜かれるかも…と腰が引けると、距離感がどんどん離れてしまい、オフェンスは抜くときに最も加速した状態となってしまいます。勇気をもって距離を詰めることが大切です。

また、上手いオフェンスは身体を動かすことなく、ボールのみを移動させてディフェンスをズラします。つまり、自分とゴールの直線上からディフェンスを外そうと動かしてくるわけです。その為守るポイントとしては、「ボールの振りではなく、脚の振りにのみ対応する」ことです。抜かれた状態とは、ボールでなく身体が横並びになった時です。ボールにむやみやたらに反応しないようにしましょう!

とは言っても全く動かないのも危険ですので、こまめに足を動かしスタンスとポジション、そして間合い(距離感)を取り直すことも重要なポイントです。

 

まとめ

以上がマンツーマンにおけるボールを持った相手に対するディフェンスの基本になります。

思った以上に学ぶべきポイントが多かったのではないでしょうか…?

それもそのはず、オフェンスは自由に動いてきますが、ディフェンスは吹かれるファールの種類も多いし、後手になりやすい為、あらゆる状況を想定して最も効率的に動き必要があるからです。

 

しかし、これらの基礎を身に付ければ並大抵のオフェンスは一発目を止めることができるでしょう。勿論地道なフットワークも必要です。経験がものをいうこともあるでしょう。

大事なことは「ディフェンスは誰でも上手くなれる」ということです。一番伝えたいことはそれだけです。

 

一歩ずつ、地道に、着実に。

ディフェンスは努力を裏切りません。頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です