【バスケ 練習メニュー トランジション】 オールコート2対2(ダミー有り)

本記事では、私が実際にスペインのバスケの現場で見てきた「生の」練習メニューをそのまま掲載しております。

是非皆様のバスケチームでもこの練習をそのまま取り入れて頂いたり、アレンジしたりして、スキルアップに役立て頂きたいです。

大事なことは練習メニューを知ることではなく、練習メニューをどのように用いて選手を育成していくかに尽きます。一貫した目的意識を持ってバスケットボールに取り組んで頂ければこの上ない喜びです。

 

トランジションオールコート2対2(バックコートプレッシャー)

練習のジャンル

総合練習(トランジション)(オールコート)

実施 していた年代

U-18カテゴリ

練習の目的

  1. トランジションオフェンス、ディフェンスの基礎を学ぶため。
  2. ファストブレイクの際に、縦への長いパスを飛ばす意識を持たせるため。
  3. オフボール2人のファストブレイク時のコース取りを身に付けるため。
  4. ハリーバック、ストップザボールを徹底させるため。

必要な道具

  • ボール1つ

練習内容の説明

Part1 2対2

  • 2人1組のチームを4つ用意します。
  • 上のケースではまず、青のチームがオフェンスとなり、赤チームがディフェンスをするゴールに向かって攻めます。
  • トランジションをイメージした練習なので、じっくり攻めている時間はありません。基本的には5秒〜6秒でシュートに持っていくようにしましょう。
  • シュートが入る、あるいはディフェンスがボールを奪ったら攻守交代です。シュートが入った場合にはエンドスローインをします。
  • あまり長くオフェンスが時間をかけるようであれば、コーチの塩梅で笛などで合図をすることで、強制的にトランジションのシチュエーションを作ります。

トランジション後

  • ディフェンスをしていた赤チームはコートから出て、次のオフェンスとして紫チームが入ります。
  • オフェンスをしていた青のチームはディフェンスとなり、新たに入ってきた紫チームにプレッシャーをかけます。ただし、紫チームがフロントコートに入るまでの間に限ります。
  • 青チームはボールを奪うことができたら、再度オフェンスをすることができます。
  • バックコートサイドのグレーチームはディフェンスとして準備をします。紫チームの苦し紛れのパスをスティールしてもOKですが、フロントコートに入ってはいけません。
  • 紫チームがフロントコートにボールを運んだら、青チームはコートから出ます。そのあとは、グレーチームが並んでいたエンドラインで次の順番を待ちます。
  • 制限時間を3分などと区切って行うと良いです。トランジション、オフェンスリバウンド、バックコートプレスと見た目以上にハードですので、インターバルを置いて3本行うだけでも負荷は相当にかけることができます。
  • あるいは、このケースでは青チームとグレーチームを1チーム、赤チームと紫チームを1チームとして、先に10点選手したチームの勝ちなどとするのも良いでしょう。また、得点を取るだけではなく、ディフェンスでボールをスティールしたら1点、オフェンスリバウンドから得点したらさらに1点追加など、「チームとして何を強化したいのか」という目的に沿ってゲーム感覚にすると、選手も自然とそのプレーを狙うようになるので、非常に有用です。

以下の「トランジション3対3」は本メニューと似ている練習メニューですので、是非以下もご覧ください!

【スペイン バスケ】練習メニュー オールコート3対3(バックコートプレッシャー)

ココがPOINT!

  • フロントコートに運ばれるまでがオフェンスというイメージで、非常に攻撃的なプレッシャーをかけていました。その目的は「ファストブレイクを阻止する、遅くする」ためです。
  • この練習ではオフェンスがコート外からすぐに入ってくる点がポイントです。シュートが入った瞬間、ディフェンスがボールを奪った瞬間にノーマークの2人がオフェンスとしてコートに入ってくるため、攻めていたチームはより素早いトランジションディフェンスが求められます。また、オフェンスも、瞬時に振り切る判断力が求められます。
  • ファストブレイクは、ファーストパスを出すまでが早く、速くて長いパスが通ってしまうと起きてしまいます。この練習では、リバウンドからのファーストパスをどれだけ遅くできるか、という点に着目しています。バックコートには他のチームがディフェンスとして待っていますので、長いパスは通りません。この練習で怖いのはリズムよく短く速いパスを、トランジションディフェンスが機能する前に通されてしまうことです。それを防ぐことを念頭に起きましょう。

Part2 ウィングにダミーを追加した3対2

  • ウィングに1人ダミーのオフェンスを追加します。トランジションオフェンス時には、このウィングに立っているダミーを目掛けて、パスを出すことを心掛けます。まず縦にボールをプッシュする意識を持ち、素早くフロントコートに入ることが大切です。
  • ダミーは一度パスを受けて、コート内のオフェンスにリターンパスを出したら、その後はゲームに関与することはありません。オフェンスは一時的な3対2の状況を上手く使って、イージーバスケットに持っていくことが求められます。
  • パスを出した後の動きとして、逆サイドからボールサイド側にコースを変えてカットすることでディフェンスを一時的に収縮させることができます。
  • その場合は、パスを捌いたプレイヤーはミドルレーン、あるいはボールとは逆サイドにコースを変えます。常に3レーン、あるいはトライアングルを作るように走るコースを選択することが必要です。

ココがPOINT!

  • この練習では、ボールを奪ったらまず縦に長いパスを出す、ということを意識させることを目的としています。素早くボールを出すためには、ボールを受ける前の段階でフロントコートや相手ディフェンスの状況を確認しておく必要があります。前を見てからボールを受ける、という基本動作を徹底させましょう。
  • 縦にパスを出した後、そのままコースを変えずにリターンパスをもらう事も十分に可能です。その都度、戻ってきているディフェンスの状況を確認した上で、動きを決めましょう。
  • ディフェンスは2人しかいないため、ボールマンのキャッチアップもペイントエリアへのハリーバックにもそれぞれが対応しなければ一発で得点を決められてしまいます。どちらの役割を果たすのか、プレイヤー同士でのコミュニケーションを活発に行うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です