【バスケ 練習メニュー】リアクションシューティング 〜ディフェンスとの間合いを判断〜

本記事では、私が実際にスペインのバスケの現場で見てきた「生の」練習メニューをそのまま掲載しております。

是非皆様のバスケチームでもこの練習をそのまま取り入れて頂いたり、アレンジしたりして、スキルアップに役立て頂きたいです。

大事なことは練習メニューを知ることではなく、練習メニューをどのように用いて選手を育成していくかに尽きます。一貫した目的意識を持ってバスケットボールに取り組んで頂ければこの上ない喜びです。

 

リアクションシューティング 〜ディフェンスとの間合いを判断〜

練習のジャンル

スキルトレーニング(シュート)

実施 していた年代

U-16カテゴリ

練習の目的

  1. 常に一定のフォームで打つことを徹底するため
  2. ディフェンスとの間合いを見て、シュートを打てるか判断できるようにするため
  3. パスフェイクやパスを使って、ディフェンスのタイミングをズラしたシュートチャンスを作るため

必要な道具

  • 3人につき、ボール1つ

練習内容の説明

  • ディフェンスがゴール下でボールを持ち、オフェンスはTOPとウィングにそれぞれ1人ずつ立ちます。
  • ディフェンスはTOPのプレイヤーにパスを出すと同時にシュートチェックに行きます。シュートを打ちづらくさせるとともに、クローズアウトステップを踏みながらウィングのプレイヤーへのパスにも対応できるようにします。
  • TOPのプレイヤーはディフェンスとの間合いを見て、自分がシュートを打つのか、ウィングのプレイヤーにパスを出すのか判断します。

 

そのままシュートを打てる距離感だと判断したケース

  • TOPのプレイヤーはそのままキャッチ&シュートを行います。
  • ただしいつもと違うクイックモーションになったり、わざとアーチを高くすることは避けましょう。いつも通りのリズムでシュートを打てるかどうかで判断しましょう。

 

シュートを打てない距離感だと判断したケース

  • ディフェンスにブロックされてしまうと判断した場合にはウィングにパスを捌きます。
  • パスを受けたウィングのプレイヤーは、キャッチ&シュートを打ちます。
  • ウィングのプレイヤーは下半身をシュートを打てる態勢、つまりゴール方向に向けながら、上半身だけパサーに対して向けるように構えましょう。パスを受けてすぐにシュートモーションに入るためです。
  • パスを出すときには、シュートハンド目掛けてパスを出します。シュートを打つためにボールを持ち直す必要がないように出してあげることがベストです。

ココがPOINT!

  • キャッチ&シュートの際に、沈んだ状態でパスを受けられるようにしましょう。パスを貰ってから膝を曲げて、跳び上がってシュートの2段階モーションではなく、膝を曲げた状態でパスを貰い、跳び上がってシュートのように1段階で打てるようにしましょう。
  • ウィングにパスを捌くときには、ノーモーションでパス(キャッチからパスまでを素早く、シュートハンドのまま捌く)をしましょう。ゴールを見た状態からノールックでパスを出せるようになるとディフェンスは対応が難しくなります。
  • わざと目線をウィングの選手に向けてからパスフェイクをするなど、高度な駆け引きにも挑戦しましょう。よりノーマークの状況を作り出すことができるようになるので身につけておきたいテクニックです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です