【バスケ 練習メニュー 判断】 速攻をイメージした2対1

 

本記事では、私が実際にスペインのバスケの現場で見てきた「生の」練習メニューをそのまま掲載しております。

是非皆様のバスケチームでもこの練習をそのまま取り入れて頂いたり、アレンジしたりして、スキルアップに役立て頂きたいです。

大事なことは練習メニューを知ることではなく、練習メニューをどのように用いて選手を育成していくかに尽きます。一貫した目的意識を持ってバスケットボールに取り組んで頂ければこの上ない喜びです。

 

速攻をイメージした2対1

練習のジャンル

スキルトレーニング(パス)(トランジション)

実施 していた年代

U−18カテゴリ

練習の目的

  1. 2対1の状況から1対0の状況を作り出すことができるようになるため
  2. 速攻の状況で、ディフェンスの状態(身体の向き、パスを狙っている)を把握できるようにするため
  3. 素早く状況を判断し、タイミング良く、イージーシュートに繋げるパスを出せるようにするため

必要な道具

  • ボール1つ
  • コーン1つ

練習内容の説明

参考図

  • オフェンスはハーフラインから1〜2歩程度進んだ位置に左右それぞれ1列ずつ並びます。ディフェンスはゴール下で待ちます。どちらかのオフェンスがボールを持ちます。
  • ボールを持っているプレーヤーのドリブルがスタートの合図です。ディフェンスはダッシュをして、コーンにタッチしてからディフェンスに入ります。
  • 速攻の2対1をイメージしているので、時間をかけてオフェンスすることは意味がありません。3秒以内にシュートを打てるようにしていきます。
    • イメージとしては、ボールハンドラーはフリースローラインまでにシュートを打つかパスをするのか判断するようにしましょう。ペイント内に入るまでに決断ができていないと、味方プレーヤーとの距離が近くなり、ディフェンスが守りやすくなってしまうためです。
  • オフェンスは左右のズレだけでなく、高低のズレも使うようにしましょう。具体的にはフリースローラインでシュートフェイクを入れてディフェンスの重心を浮かせてから、低いバウンズパスを出すなどです。
  • ディフェンスは負けた人が続けます(負け残り)。シュートを決められてしまったら、すぐにコーンの位置までダッシュし、次のオフェンスに備えます。シュートを決めたオフェンスは、すぐに次の2人のオフェンスのどちらかにボールをパスします。
  • 時間を決めてグルグル回すことで負荷をかけることができるため、ウォームアップ代わりに用いることもできます。

 

ココがPOINT!

  • パサーは味方のスピードを落とさず、シュートに行きやすいパスを心がけましょう。
  • パスをするときには十分にディフェンスを自分に引き付けることが何よりも重要です。「パスするぞ」と味方のディフェンスばかり見ていたら、当然ディフェンスはパスカットを狙います。まずは「自分がシュートを決めるんだ」という気持ちを一番に持っておくことが大切です。
  • ペイント内に入った後はバウンズパスを積極的に使いましょう。下から浮き上がってくるバウンズパスであれば、レシーバーがディフェンスの状況を視野に入れながらボールを受けることが可能になります。また、レシーバーとディフェンスの間隔が狭いと感じた時でも足下のスペースを使うことにより、ディフェンスを抜くことができます。
  • 浮かせるパスは次のカテゴリを考えると得策と言えません。身長が大きくなったり、身体能力が高くなると、より高く上げる必要があります。そうするとディフェンスがハリーバックしてくる時間を与えてしまうほか、高く浮いているボールの行方を目で追うと、ディフェンスの状況を把握することが難しくなります。(※アリウープは推奨)
  • もちろん、観客を沸かせるようなトリッキーなパスも状況が整えば挑戦していきましょう。ディフェンスがコースに入ってドライブを止めようとしてきた場合にはドリブルからそのままバックビハインドパスを出すことが一番効率が良いですし、ゴール下でポンプフェイクをした後にビハインドネックパスで逆サイドに渡してあげることも素早く効果的なオフェンスをすることに繋がります。ただし、そのパスを狙うあまり、得点が取れないということが起きないようにしましょう。あくまでも歓声はオマケです(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です