【バスケ 練習メニュー オフェンス】 ダブルポストのゾーンオフェンス 2-3対策

 

本記事では、私が実際にスペインのバスケの現場で見てきた「生の」練習メニューをそのまま掲載しております。

是非皆様のバスケチームでもこの練習をそのまま取り入れて頂いたり、アレンジしたりして、スキルアップに役立て頂きたいです。

大事なことは練習メニューを知ることではなく、練習メニューをどのように用いて選手を育成していくかに尽きます。一貫した目的意識を持ってバスケットボールに取り組んで頂ければこの上ない喜びです。

 

ゾーンオフェンス 2-3対策 ダブルポスト

練習のジャンル

戦術トレーニング(ハーフコート オフェンス)(ゾーンオフェンス)

実施 していた年代

U-16カテゴリ

練習の目的

  1. 2−3ゾーンディフェンスに対する、ハイポスト(エルボー)とローポスト(ショートコーナー)を使ったパッシングオフェンスの動き方を習得するため
  2. ハイポストのケアに対して、どのディフェンスが動いてくるのか判断できるようになるため
  3. 上記2が出来るようになったうえで、適切なパッシングオフェンスを選択し、遂行できるようになるため

必要な道具

  • ボール1つ

練習内容の説明

スタート時の状況

  • 2−3ゾーンディフェンスに対して、1TOP2ウィング2ポストのポジショニングを取ってスタートします。
  • TOP①からどちらかのウィング(本ケースでは②)にパスを捌き、ハイポストで一瞬ステイした後、ボールサイド側にカットします。
  • パスを受けた②はスペーシングを整えるため、TOP側にドリブルで移動します。また、①がハイポストを離れる瞬間に⑤はそのハイポストを埋めるようにポジションを取ります。

ココがPOINT!

  • ①がハイポストで一瞬ステイする動きがとても重要になります。①はハイポストでどのディフェンスが自分のカットに対して守ってくるのかを判断しなければなりません。それがこのゾーンオフェンスの肝になります。

Part1 ハイポストを上のラインのディフェンスで対応してくるケース

  • ①がハイポストへカットした際に2−3の上の逆サイドのプレイヤーがハイポストをケアしてきた場合です。その場合に①は浅めのカットを選択します。

  • 2ガードポジション付近に移動した②は浅めのカットを選択した①にパスを捌きます。そのポジションは大体フリースローラインの延長線上よりやや低めを意識しましょう。
  • ④はその場でステイしてボールを受けるのではなく、よりヘルプから遠ざかるように確実にボールを受けられるようにショートコーナーにポップアウトするように引き足でミートします。
  • ⑤はショートコーナーにボールが移動したらゴール方向へダイブします。

ココがPOINT!

  • ①がカットした後に移動する位置がフリースローラインの延長戦場よりも若干低めの位置である理由は、自分のディフェンスがハイポストにダブルチームに行ったとしても、ハイポストにいるオフェンスの視界に入っている位置から仕掛けてくる事が分かるからです。
  • ①にボールが入った時に対応するのは下のラインのディフェンスであるはずなので、そのローテーションのタイミングで④が一瞬だけフリーになります。(フルフロントまでには時間がかかるため)そのタイミングを逃さずにショートコーナーにボールを入れましょう。
  • ⑤はゴール方向へダイブできるように、自分のディフェンスをゴール側からブロック(シール)しておきます。一生懸命ハイポストでポジション争いをする必要はありません。

Part2 ハイポストを下のラインの真ん中のディフェンスで対応してくるケース

  • ①がハイポストへカットした際に2−3の下の真ん中のプレイヤーがハイポストをケアするために出てきた場合です。その場合に①は深いカットを選択します。

  • ②はハイポストに来た⑤にボールを入れます。
  • ⑤は打てるのであればハイポストからのミドルシュートを狙います。
  • ③はコーナーでワイドオープンの3Pシュートを狙います。

 

コーナーの③にボールが飛んだ後の状況

  • コーナーにボールを飛ばしたら、④と⑤は同タイミングでポストのサイドチェンジをします。
  • また、①と②はスペーシングを整えるためにポジションを調整します。①はフリースローラインの延長線上くらい、②は2ガードポジション付近まで動きます。
  • ③は④に対してショートコーナーに飛びつくようなパスを出し、そのタイミングで、⑤はハイポストからゴールへダイブします。
  • ④はその場でジャンプシュートを打っても良いですし、ダイブしてきた⑤にパスすることも可能です。

ココがPOINT!

  • ①がハイポストに留まった際に、2−1−2のような形に変形した場合に用います。この場合、ローポストのディフェンスが2枚と手薄になるため、逆サイドのコーナーを上手く使う事で大きなズレを作り出す事ができます。
  • コーナーで3Pが打てなかった場合に、同タイミングで④と⑤がポストを埋める事がポイントです。また、①と②もポジションを取り直します。そうする事で③のプレイヤーからすると、ポストへのパスの選択肢が2つ、更にTOPに逃げるパスコースを確保することになります。ゾーンディフェンスでダブルチームを仕掛けられる危険性が高いコーナーから、いち早く攻撃のポイントであるポストへ戻すための重要な動きです。入らなかった場合にはすぐに逆サイドに展開できるように整えて置くことも大切になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です